• 豊受御古菌 A 強臭タイプ(500ml)
豊受御古菌 A 強臭タイプ(500ml)

日本豊受自然農株式会社 豊受御古菌 A 強臭タイプ(500ml)

価格: ¥7,000(税別) ¥7,700 (税込)
消費税: ¥700

【霊的見解】
生まれる前の、目的を知っていたときの状態に戻す働きがある。

数量:  個  
野菜、種、仕入れ商品、仕入れ書籍はポイント付与対象外となります。

名称微生物土壌改良資材(好気性微生物群)pH5.0~5.9
品名豊受御古菌A(強臭タイプ)
内容量500ml
使用期限製造日より6ケ月(容器に記載)
保存方法直射日光を避け、冷所、暗所で保存してください。開封後はお早めにご使用ください。
使用方法(A・B共通) 〈ぼかし肥料を作る〉 米ぬか10㎏当たり、水で約500倍に薄めた御古菌を約1リットルの割合で混ぜ合わせます。米ぬかが軽く湿る程度が目安です。気温20℃程度で3週間、30℃以上なら1週間程度で完成します。米ぬかが発酵して熱が出て色が変わります。ぼかし肥料は適量畑にまいて上から軽く土を被せて使います。 〈完熟堆肥を作る〉 米ぬか10㎏当たり、水で約500倍に薄めた御古菌を約1リットルの割合で混ぜ合わせます。米ぬかが軽く湿る程度が目安です。発酵によって熱が出ます。毎日シャベルなどで切り返し(かきまぜ)て、米ぬかに空気を入れます。乾燥したら水をかけて軽く湿らせると、また熱が出てきます。(途中で落ち葉や刈り草のたい肥などと混ぜてもよいです)半年ぐらい続けると、匂いも熱も出なくなり(甘い匂いは残ることがあります)完熟堆肥となり完成です。それを畑に適量まいて使用します。 〈種まき後に1回〉 種を蒔いて土をかぶせたら、御古菌を水で約500倍に薄めてジョウロで水やり。その後は、発芽して本葉が出るまでは、水だけで大丈夫です。 〈元気な植物にする〉 本葉が出たら、2週間おきに御古菌を水で約1000倍に薄めて葉面散布することで元気な植物にすることができます。葉面散布する場合、葉の表と裏の両方に散布するのがベスト。なので噴霧器が便利ですが、無い場合はじょうろなどで葉の表面だけへの散布でもOKです。
使用上の注意開封後はお早めにご使用ください。よく振ってからご使用ください。容器が膨らむ場合は、キャップを緩めて中のガスを抜いてください。
品質の保証本品は食品を原料とし培養したものです。製造過程において化学合成物質は一切使用しておりません。浮遊物、沈殿物、色や匂い、pHのばらつき、容器の膨らみやへこみなどがありますが、品質の劣化ではございません。
JANコード4560320791225
発送方法クール便
発送予定5営業日以内に発送

同じカテゴリーの商品

農業資材 (12)

生活 (33)

農業資材 / 豊受御古菌 (6)

ページトップに戻る